髪友top > ウィッグの基礎知識 > 洗い方・お手入れ方法

ウィッグの洗い方・お手入れ方法

毎日のお手入れ
毎日お手入れしてあげるだけで、ウィッグは長持ちします。まず毛先の方からもつれを取るように、しっかりブラッシングしてください。必ず静電気の発生を防ぐためにウィッグ専用のブラシでしてください。その時に市販の、ウィッグ用静電気防止スプレー等利用するとよいでしょう。 ウィッグの痛みが気になりだしたら、早めにお買い求めになったお店に相談することをおすすめします。

洗い方
季節や頻度によって違いますが、10~15回使ったら洗髪しましょう。あまり洗髪回数が増えると、その分痛むスピードが早くなってしまいます。匂いが気になるときはウィッグ用の消臭スプレー等も売られています。

1.ブラッシング
毛先からブラッシングして、もつれを取ります。ここでしっかりほこりを落とします。

2.シャンプー
洗面器等に、水またはぬるま湯でシャンプーを溶かします。やさしく押すように洗ってください。

3.リンス
洗面器等に、水またはぬるま湯でリンスを溶かします。リンスはきちんと洗い流す必要はありません。

4.乾燥
タオル等ではさみこむ様にして水分を充分に取り、ウィッグハンガーにかけて日陰か室内で自然乾燥させます。 完全に乾燥したら軽くブラッシングして形を整えます。人毛ウィッグの場合は、ドライヤーを使用する事が出来ます。仕上げにウィッグ用スプレーを使用すると、静電気を防止し長持ちさせる事が出来ます。また艶やかになり、リンスの代わりになります。

5.仕上げ
乾燥したらブラッシングして形を整えます。このときに静電気防止スプレーをしておくとよいでしょう。

※人毛または耐熱ウィッグ以外は通常、お湯・ドライヤーが使えません。購入したお店で確認してください。


 自宅にいながらウィッグをクリーニング
  2,700円(税込)
 チリチリと痛んだ毛先も綺麗に。

掲示板より

 ぬるま湯で洗って、リンスは洗面器に溶いて毛先だけ15分ぐらいつけておくといいですよ。あとはタオルドライしたあとに、美容エッセンスを毛先メインにつけて翌日までそのままにしときます。 その時、必ずクシを一度通しておくこと!人毛の場合は翌日にドライアーやアイロンでセットすると熱で痛むこともないですよ。 美容師さんに教えてもらったこの方法にしてから、かつらは4年もっています。

参考になるホームページ

関連記事